健康を考える

The First Wealth is Health. 健康に勝る富はない
米国の哲学者、エマーソンの箴言です。
健康であることは、当たり前の現象ではありません。
失って初めて気付くものであるかもしれません。
一病息災とは、大病を経験し、健康のありがたさを知っている方は、
人一倍、健康に気を使うことで、かえって人よりも健康で長生きできることを言いします。

20年近く、抗加齢医療の外来をやってきて感じることは、
飲食の節制を維持できるか否かの大切さです。
暴飲、暴食の習慣から逃れられない方は、残念ながら、寿命を短くしてしまっているようです。

2020年は、新型コロナウィルスによって、全人類が健康管理について考えざるを得ない一年でした。
外出自粛やリモートワーク、そしてソーシャルディスタンスは、
これまでの人間関係の成り立ちそのものを変えてしまいました。
忘年会のない初めての年末を過ごすことは、
これまで当たり前であった習慣の意味を見直す絶好の機会でもあります。

健康の礎は、食事にあります。
何をどのように調理して、どのくらいの量、いつ食べるのか。
日本には実に様々な、健康増進のための、ありがたい食材があります。
またこれまでになく、便利になったことは、
「食」のありがたさを深く考える機会を減らしているかもしれません。
この年末年始は、食と健康について深く考える機会にしたいと思います。

免疫力を高めるための食材の一覧、ご参考になれば幸いです。
来年が皆様にとりまして、貴重な一年となりますことを祈念申し上げます。


目次
閉じる